2017/10/23

【TAB譜/動画】夢じゃない(スピッツ) ウクレレで弾くスピッツナンバー!



ウクレレで弾くスピッツ!
今回は「夢じゃない」を解説!
1993年『Crispy!』収録された本曲。
「空も飛べるはず」や「チェリー」よりも後に発売されたと思っていましたが、実は「夢じゃない」の方が先立ったんですね。

てっきり後の発売だと思っていましたが、1997年にドラマ主題歌に起用された事でシングルカットされたとの事です。
アルバムから4年の月日を経てのシングル発売!

演奏ポイント
このウクレレアレンジでは、アルペジオ奏法を使って弾いています!
「夢じゃない」の様なしっとりとした曲には、ストロークよりもアルペジオ奏法の方が合います。
そこでアルペジを弾くときの演奏ポイントを解説します!


そもそもアルペジオってなんじゃらほい?
アルペジオとはストロークのようにコードを一気に弾くのではなく、弦を1本1本バラバラに弾く奏法です(場合により複数同時に弾く事もあります)
指で弾く事がアルペジオではなく、ピックでコードを分散して弾く事もアルペジオなのです!

どの指でどの弦を弾くか? アルペジオを弾くコツ(指弾き) 
複数の弦をバラバラに弾くアルペジオ。
一見、指があちこち動き複雑そうな弾き方に見えますが、
実は右手のどの指でどの弦を弾くのかを決めています。

動画では4弦→親指、3弦→人さし指、2弦→中指、1弦→薬指という組み合わせで弾いています。
どの指でどの弦を弾くのか。
担当を決めておけば、指がばらつかず安定した演奏ができるのです!












弦はLow-Gを!
ギターと比べ、音域の高いウクレレ。
そんなウクレレで低音を出す為には、ウクレレの4弦にLow-Gを使う事をお勧めします!
動画の様なアルペジオの場合、Low-Gによる低音の響きがとても心地よいです。
まだ試してないよという方、ぜひ一度Low-Gを使ってみて下さい!

僕が使っている使用Low-G弦をご紹介!

Aquila アクィーラ コンサートウクレレ用弦 Low-Gタイプ
AQ-CLW 8U
いつも使っているLow-G弦のセット!
バランスの良い音なので、初めてLow-Gを使う方にお勧めです!
楽器屋さん、Amazon、サウンドハウスなどどこでも取り扱っているのも安心です。


Aquila アクィーラ Red Series コンサートウクレレ用弦 Low-Gタイプ
AQR-CLW 86U
最近試しに張ってみたアクィーラ Red Series。
AQ-CLWと比べ、ちょいとこもった音の印象です。
名前の通り、赤色の弦!
他にもたくさんのLow-G弦セットがあるので、ぜひチェックしてみて下さい!

ウクレレで弾くスピッツシリーズ!


こちらが動画アレンジの「夢じゃない」TAB譜です!
ぜひ、参考にして下さい!
印刷すると見やすいです!





<ウクレレレッスン 生徒さん募集中!>
東京荻窪Acousphere Cafeにてウクレレのプライベートレッスンを行っています!
初心者の方はもちろん、これからウクレレを始めたい方もお待ちしております!
楽器の貸出しも行っているで、お仕事・学校帰りでもお気軽にご利用できます。
詳しくはこちらをご覧下さい!↓
井上直樹 荻窪ウクレレ・レッスンのご案内